絵が苦手…だけど描きたい!そんな人におすすめする3冊+1

メモや手紙を描くときに、ちょっとイラストをそえるだけで、ググっと魅力が高まります。そこで、芸術の秋におすすめしたい、誰でも簡単に満足した絵が描けるようになる、3つの本を紹介します。

世界でいちばん簡単な絵の描き方

世界でいちばん簡単な絵の描き方―パステルシャインアート入門 (PHPエル新書)

パステルを削って、粉にして、ティッシュや指で描くだけで、とても簡単にキレイなグラデーションを描くことができます。パステルはもともと発色のいい素材なので、明るくてやわらかい絵を描くことができるようになります。

さらに、消しゴムを使って風や光を表現したり、色鉛筆でピピッと線をひけば、表現力が無限に広がる!簡単なのに奥の深いアートです。

この本はパステルシャインアートという技法の入門書にもなっていて、各地で講座も開かれています。
こんな感じの絵が描けます↓
パステルシャシンアートの画像検索

続きを読む