お金持ちは、お札の向きがそろっている。

お金持ちは、お札の向きがそろっている。

~この本は、3人のために書きました~
①お金の悩みから、開放されたい人。
②お金持ちに、なりたい人。
③お金で苦労している人を、助けてあげたい人。

まえがき

割り勘で1万円札を出す人は、お金持ちになれない。

Chapter.1「大きなお金を手にする人の考え方」

・領収書をもらうことを、照れない。
・おつきあいの保険加入を断れる。
・3万円節税しても、10万円の損になる。
・利子よりも、手数料を見る
・モノが減れば、家賃が浮く。3分の1はモノが住んでいる。
・整理整頓できる人は、お金に困らない。
・智で仕事をしている人は、智にお金を払う。
・トイレットペーパーを切らす人は、お金も切れる。
・社会に身をゆだねていれば中流になれる時代は、終わった。

Chapter.2「お金を引き寄せる行動」

・健康を管理することで、お金を管理できる。
・両親の健康管理をする。
・ベストの状態は、永遠には続かない。
・節約で、暗くならない。
・ムダづかいすると、ダラダラする。節約すると、キビキビする。
・ズルをした人のマネをした人は、もつと損をする。
・損切りすると、スカツとする。
・「お金持ち」イコール「悪人」ではない。
・子供を貧乏人にしたかったら、子供にお金を残せばいい。

Chapter.3「お金がめぐり戻ってくる賢い使い方」

・モノの値段は、使う側の使い方で決まる。
・平均値は、まったく意味がない。
・ファーストクラスは、出会い投資。
・竹が、一番割高。
・値札を堂々と見られない人は、お金に負ける。
・値段を見てからモノを見ているようでは、いつまでもモノの値打ちはわからない。
・堂々と料金を払い、堂々と使う。
・値引きは、落ち度の前払いにすぎない。
・高いお店での会議で、グチは出ない。
・お金がない時にしていることが、本当に好きなことだ。
・トライ&エラーにかかるコストを恐れない。

Chapter.4「お金持ちの、お金に対する態度」

・感謝されながら、お金を受け取る。
・人のために労力を使う人が、成功する。
・お札は祈れたまま、渡さない。
・お金に対して敬意を払う。
・お金を目的にすると、お金は逃げていく。
・体験が、お金を生む。
・自己投資が、最もリターンが大きい。
・「高い」と「割高」の違いを知る。
・高いと思うものは、買わない。

Chapter.5「お金持ちの仕事術」

・副業より、本業で稼ぐ。
・おいしい仕事に飛びつくと、失敗する。
・富裕層は、人脈づくりにお金をかける。
・時間を売って儲けても、心の中は貧しい。
・お金の話を先にすることで、信用される。
・自分の親のつもりで、お金に接する。
・自己満足ではなく、お客様に満足してもらう。
・レスポンスを早くする。
・末端の人に横柄な態度の人とは、一緒に仕事をしない。
・「手弁当でやっている」という言いわけが、いいかげんな仕事につながる。

あとがき

幸せなお金持ちは、お金・時間・友達を持っている。

お金持ちは、お札の向きがそろっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加