体温を上げると健康になる

体温を上げると健康になる

はじめに

あなたは自分の平熱を知っていますか?

第1章「体温を上げると病気は治る」

・体温が一度下がると免疫力は30%低下する
・「風邪かな?」と恩ったら風呂に入りなさい
・微熱で解熱剤を使うのは本末転倒
・体温が低いとガン細胞が元気になる
・メタボが怖いのは「悪玉ホルモン」を生み出すから
・男性の「朝立ち」は、女性の生理と同じくらい重要
・体温が上がるだけで内臓脂肪の解消に絶大な効果がある:
・1日1回、体温を1度上げなさい
・低体温は病気の元凶、高体温は健康の源

第2章「これが”体温アップ健康法”だ」

・体温が上がれば、すべてがうまくいく
・なぜ50代を過ぎると病気になりやすくなるのか
・筋肉量を増やせば、体温は自然と上がる
・筋肉が減り、脂肪が増える間違いだらけのダイエット
・筋肉は使わないとどんどん減っていく
・有酸素運動は脂肪を減らし、無酸素運動は筋肉を鍛える
・ダイエット効果が4倍になる成長ホルモン活用法
・「冷え性」を治したければ、筋肉を鍛えなさい
・筋肉の量を増やすより、筋肉の質を高めよ
・ボケ防止に効くのは、脳トレよりも筋トレ
・男性機能の回復にも、筋トレは効果的
・筋トレは3日に1度、毎日するのは逆効果
・私が「スロトレ」を勧める理由
・筋トレ前にはバナナを、直後にはチーズを食べろ
・朝食時に枝豆とタラコと梅干しを食べる
・屋外で筋肉を鍛えると骨も丈夫になる
・女性はもっと紫外線に当たりなさい
・ゴルフ場にバナナと梅干しが置いてある理由
・コアマッスルを鍛えると基礎代謝が20%アップする

第3章「ストレスが低体温人間をつくる」

・病気の始まりはストレスに関係している
・早寝早起きが体にいいのはなぜだろう?
・自律神経のバランスが崩れると低体温人間になる
・鎮痛解熱剤とステロイド剤と抗ガン剤には注意せよ
・子どもに炭酸飲料を飲ませすぎてはいけない
・あなたは交感神経優位型か、副交感神経優位型か
・ストレスを受けると細胞もダメージを受ける
・ドロドロ血液の原因は低体温だった
・老化防止には体温を上げるのが一番

第4章「低体温を防ぐ理想の生活習慣」

・体温アップ健康法が教える理想の1日
・自然に目覚めたら、二度寝はするな!
・電球をつけたまま寝てはいけない
・睡眠薬の服用は、睡眠障害を悪化させるだけ
・熟睡したければ、寝る前に体を温めなさい
・時差ボケを防ぎたければ、機内食は食べるな!
・夜10時に寝て、朝5時に起きる生活がベス卜
・飲みものは水を温めた白湯が一番いい
・雨の日も風の日も毎朝30分、外を歩きなさい
・『上を向いて歩こう』が世界中でヒットした理由
・リんごとにんじんを入れた生ジュースを毎朝飲む
・タ食後4時間空けなければ寝てはいけない
・成長期の子どもにはトマトを食べさせなさい
・お風呂の温度は必ず41度に設定する
・神様が定めた人間の体温は37度

体温を上げると健康になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加